賃貸生活研究所
賃貸 > 賃貸の基礎知識 > クッションフロアのゴム跡について。
賃貸博士で勉強しよう!
このコーナーは賃貸生活全般のテーマに対し不動産屋さんが講師となりいろいろな参考意見を聞かせてくれるところじゃ!地域や慣習、不動産屋さんの立場によっても考えが違うと思うが、様々な意見を聞いて賃貸生活の勉強してみよう!

 


クッションフロアのゴム跡について。

入居時、できるだけ退去する際にキズがつかないように、タイルカーペットを全面に敷き詰めました。この間、ふと一枚はがしてみると、裏面の滑り止めのあとがクッションフロアに写っていました。傷をつけないようにという配慮からだったのですが、このように傷でなくても原状回復に関係してくるでしょうか?

>>直に不動産屋さんに相談したい方
>>いろいろな人に相談したい方

ルームクリーニングで落とせる程度の汚れであれば通常、追加の費用は生じません。しかし中にはクッションフロアを変質させて生じるゴムの跡もあり、この場合は貼り替えるしかありませんので結構な費用が掛かってしまいます。配慮が裏目に出てしまったとすれば残念でなりませんが、大家さんから見れば補修が必要な「過失による汚損」に他なりません。あらかじめ、ある程度の追加出費は覚悟された方がよろしいかと存じます。

 答えていただいたのは・・・
株式会社天極
埼玉県川越市岸町2−7−5 らくだビル2F
TEL 049-291-5500 / FAX 049-247-7440
 
東武東上線沿線、川越エリアを中心に賃貸仲介からリフォーム、資産管理まで不動産に関わる全般に取り組んでおります。不動産を借りたい方も貸したい方も、是非アパートプラザにご相談下さい。
       

11月の他の授業もチェック

  ■ 保証人がいるのに保証会社を利用しないといけないのでしょうか?

  ■ 前の入居者宛ての郵便物が届いて困っています。

 



人気の新着物件情報!

不動産地上げB級漫画
不動産地上げB級漫画
怒須黒仙次郎 連載中!
博士ドットコムシリーズ
不動産 アニメ 漫画の不動産人情物語 怒須黒仙次郎 激!社会版 連載中
© HAKASE.COM Inc All Rights Reserved.