賃貸生活研究所
賃貸 > 賃貸の基礎知識 > 5年前に退去した賃貸物件の敷金清算について。
賃貸博士で勉強しよう!
このコーナーは賃貸生活全般のテーマに対し不動産屋さんが講師となりいろいろな参考意見を聞かせてくれるところじゃ!地域や慣習、不動産屋さんの立場によっても考えが違うと思うが、様々な意見を聞いて賃貸生活の勉強してみよう!

 


5年前に退去した賃貸物件の敷金清算について。

もう引っ越して5年経つ前の物件の管理会社から、当時の退去時の敷金清算として20万あまりの請求がありました。クロスの貼り替え代など、今さら?と思うような内容でした。敷金清算に関しての請求はどのくらい有効なものなのでしょうか?納得いきませんが払うべきですか?

>>直に不動産屋さんに相談したい方
>>いろいろな人に相談したい方

本件請求は管理会社が有する工事費用等に関する債権と解されますので通常は商事時効の適用を受けます。商事時効であれば5年の経過で債権が消滅しますので(商法522条)、今回のケースでは仮に管理会社の言い分が全て妥当な内容だったとしても消滅時効の成立を主張でき、支払う必要はないものと考えます。

 答えていただいたのは・・・
株式会社天極
埼玉県川越市岸町2−7−5 らくだビル2F
TEL 049-291-5500 / FAX 049-247-7440
 
東武東上線沿線、川越エリアを中心に賃貸仲介からリフォーム、資産管理まで不動産に関わる全般に取り組んでおります。不動産を借りたい方も貸したい方も、是非アパートプラザにご相談下さい。
       
10月の他の授業もチェック

  ■ 音が響きにくい物件を見極めるには?

  ■ 内見で気づかなかった天井の汚れについて。

人気の新着物件情報!

不動産地上げB級漫画
不動産地上げB級漫画
怒須黒仙次郎 連載中!
博士ドットコムシリーズ
不動産 アニメ 漫画の不動産人情物語 怒須黒仙次郎 激!社会版 連載中
© HAKASE.COM Inc All Rights Reserved.