賃貸生活研究所
賃貸 > 賃貸の基礎知識 > 音が響きにくい物件を見極めるには?
賃貸博士で勉強しよう!
このコーナーは賃貸生活全般のテーマに対し不動産屋さんが講師となりいろいろな参考意見を聞かせてくれるところじゃ!地域や慣習、不動産屋さんの立場によっても考えが違うと思うが、様々な意見を聞いて賃貸生活の勉強してみよう!


音が響きにくい物件を見極めるには?

騒音問題には音に対する人の感じ方の差もあると思いますが、部屋を探す際に構造以外にそれらを見極めるポイントなどはあるのでしょうか?
不動産屋さんに確認した方がいい点などあれば教えてほしいです。


>>直に不動産屋さんに相談したい方
>>いろいろな人に相談したい方

構造以外で気をつけて頂きたい点としては、第一に間取りが挙げられます。例えば、軽量鉄骨2階建てのアパートによくある中階段タイプですと浴室や玄関の壁だけで隣家と接しているケースが多く、居室部分同士が接している場合に比べて互いの生活音が届きづらい作りとなっています。部屋の配置によっても「聞こえ方」は変わりますので、そういった視点から間取図を眺めてみてはいかがでしょうか。

第二のチェック事項としては、その物件に使われている建材の遮音性能が挙げられます。新築・築浅のアパートでは遮音性に優れた建材を多用することでRC造のマンションに負けない防音環境を実現しているものもございます。そういった物件では音に配慮したことを売り文句にしていますので、各店舗のスタッフに質問すれば「この建物は○○という床材を使っていまして〜」といった回答があるでしょう。
反対にそういった回答がない場合は、通常通りの建材を使った物件だと考えて差し支えないかと存じます。

 答えていただいたのは・・・
株式会社天極
埼玉県川越市岸町2−7−5 らくだビル2F
TEL 049-291-5500 / FAX 049-247-7440
 
東武東上線沿線、川越エリアを中心に賃貸仲介からリフォーム、資産管理まで不動産に関わる全般に取り組んでおります。不動産を借りたい方も貸したい方も、是非アパートプラザにご相談下さい。
10月の他の授業もチェック

  ■ 内見で気づかなかった天井の汚れについて。     

  ■ 5年前に退去した賃貸物件の敷金清算について。

人気の新着物件情報!

不動産地上げB級漫画
不動産地上げB級漫画
怒須黒仙次郎 連載中!
博士ドットコムシリーズ
不動産 アニメ 漫画の不動産人情物語 怒須黒仙次郎 激!社会版 連載中
© HAKASE.COM Inc All Rights Reserved.