賃貸生活研究所
賃貸 > 賃貸の基礎知識 > 前入居者が残置した家具など使用してもいいのですか?
賃貸博士で勉強しよう!
このコーナーは賃貸生活全般のテーマに対し不動産屋さんが講師となりいろいろな参考意見を聞かせてくれるところじゃ!地域や慣習、不動産屋さんの立場によっても考えが違うと思うが、様々な意見を聞いて賃貸生活の勉強してみよう!

 


前入居者が残置した家具など使用してもいいのですか?

私が引っ越してきた際、前に住んでいた人の家具が何点か置いてありました。 エアコンや照明器具など、まだまだ使えそうなものばかりです。これは前の人が置いていったものとして 使用してもいいのでしょうか。もし前の家の人がとりにきた場合、トラブルなどになる可能性はあるのでしょうか?

>>直に不動産屋さんに相談したい方
>>いろいろな人に相談したい方


原則的には、前の方が所有を放棄されたものと解釈されるでしょう。
しかし、不要なトラブルを避けるため、貸主や管理会社へ確認を取っておくことをお勧めします。

通常の賃貸借契約では、退去後放置された残置物は、所有権を放棄した物とみなすとの一文が明記されています。
これに従うと、前の入居者が放置した物は、既に貸主へ所有権が移っているものと解釈されます。

この為、貸主や管理会社の確認がのちのトラブルを避けるポイントとなります。

 答えていただいたのは・・・
株式会社エリッツ
京都市下京区綾小路通烏丸西入ル童侍者町169 四条烏丸松永ビル1F
TEL 075-344-3031 / FAX.075-352-0333
 
京都・滋賀・大阪方面で賃貸物件をお探しならエリッツにお任せ下さい。
地域No.1の店舗数と豊富な物件管理数 でお客様のご要望にお応えいたします。

前入居者が放置した家具などは使用しても構わないと考えます。

もし前の家の人が取りにきた場合であっても、トラブルになる可能性は低いと思います。
ですが、可能性は無いとは言えないため、対応としては入居時、大家さんや管理会社などに確認してから使用することをお勧めします。
一般的に、契約書には契約満了後に残置物が残されていた場合、「入居者は所有権を放棄したものとみなされる」という事項や「残置された日数分の賃料、あるいは一ヶ月分の賃料が発生する」という事項が記載されていることが多いです。
そのため、入居時に家具が置かれていたということは、前入居者が所有権を放棄した残置物である可能性が高いということが想定出来ます。ですから、前の家の人が取りにきた場合もトラブルになる可能性は低いと言えるのです。
しかし、トラブルに発展する可能性が無いとは言えません。家主や管理会社がお部屋に残置物が残されていたことを把握していない場合は、トラブルに発展してしまうことが想定されます。

また、故障時や不要となった時の対応など、別のトラブルに発展することも想定されるのです。
ですから、お勧めしたい対応としては、入居時に家主や管理会社に詳細を確認してから使用する。
それがトラブルを未然に防ぐ最善の方法です。

 答えていただいたのは・・・

ハウスコム株式会社
東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー5F
TEL 03-6717-6900 / FAX. 03-6717-6901
 
「お客様の声」を大切にして創業から10年を迎えました。
1人1人の声を大切にして新生活の応援をしてまいります。


       

8月の他の授業もチェック

  ■ 家賃交渉のポイントやコツなどはありますか?

  ■ 引越し業者を選ぶポイントなどはありますか?

 



人気の新着物件情報!

不動産地上げB級漫画
不動産地上げB級漫画
怒須黒仙次郎 連載中!
博士ドットコムシリーズ
不動産 アニメ 漫画の不動産人情物語 怒須黒仙次郎 激!社会版 連載中
© HAKASE.COM Inc All Rights Reserved.