賃貸生活研究所
賃貸 > 賃貸の基礎知識 > 原状回復の判断について。
賃貸博士で勉強しよう!
このコーナーは賃貸生活全般のテーマに対し不動産屋さんが講師となりいろいろな参考意見を聞かせてくれるところじゃ!地域や慣習、不動産屋さんの立場によっても考えが違うと思うが、様々な意見を聞いて賃貸生活の勉強してみよう!

 


原状回復の判断について。

入居する際、バタバタしていて部屋の傷などを調べて申請する用紙の提出を忘れてしまいました。今回退去することになり、契約書類を確認していた際に発覚しました…。入居当初、ドア部分に前の入居者がつけたと思われる凹みを見つけていましたが、こちらも当然申請していませんん。写真には撮っていましたが、申請していないことは、原状回復の判断に不利になりますか?

>>直に不動産屋さんに相談したい方
>>いろいろな人に相談したい方

不利になるかならないか、で言えば当然不利になります。原状回復時に揉めないよう事前に用意したものを提出しなかったのですから「入居時には特段問題はなく、以後発生したものは入居者の責任と認めた」と相手方が解釈するのも当然でしょう。

ただ、その写真で日付が確認できるのであれば入居前からあったものと認められる可能性はありますし、大きいへこみであれば管理会社の方でも把握しているかもしれません。ダメで元々の気持ちで、ひとまず相談してみてはいかがでしょうか。

 答えていただいたのは・・・
株式会社天極
埼玉県川越市岸町2−7−5 らくだビル2F
TEL 049-291-5500 / FAX 049-247-7440
 
東武東上線沿線、川越エリアを中心に賃貸仲介からリフォーム、資産管理まで不動産に関わる全般に取り組んでおります。不動産を借りたい方も貸したい方も、是非アパートプラザにご相談下さい。
       

8月の他の授業もチェック

  ■ 賃貸物件を探しています。不動産会社はどのように選んだらいいですか?

  ■ 入居して約1年、実は以前に自殺した人がいる部屋だったことが判明しました・・・

 



人気の新着物件情報!

不動産地上げB級漫画
不動産地上げB級漫画
怒須黒仙次郎 連載中!
博士ドットコムシリーズ
不動産 アニメ 漫画の不動産人情物語 怒須黒仙次郎 激!社会版 連載中
© HAKASE.COM Inc All Rights Reserved.