賃貸生活研究所
賃貸 > 賃貸の基礎知識 > 入居している部屋はどこまで改造していいですか?
賃貸博士で勉強しよう!
このコーナーは賃貸生活全般のテーマに対し不動産屋さんが講師となりいろいろな参考意見を聞かせてくれるところじゃ!地域や慣習、不動産屋さんの立場によっても考えが違うと思うが、様々な意見を聞いて賃貸生活の勉強してみよう!

 


入居している部屋はどこまで改造していいのでしょうか?

入居している部屋の改造を考えています。床に板を敷き詰めるもしくは、壁に板を貼り付ける。どこまで改造していいのでしょうか?原状回復が自分で可能なまでだったら問題ないでしょうか?また壁に絵を掛けたい場合は穴は開けてはいけないですよね?どうか教えて下さい。

>>直に不動産屋さんに相談したい方
>>いろいろな人に相談したい方

原状回復が自分で可能な範囲ならば、問題は無いでしょう。それを超える場合は、必ず貸主の許可を得ないと、
後々の大きな問題へと繋がります。

また、壁に穴をあける場合も、必要最小限の大きさに抑え、退去の際は自分で原状回復する必要が有ります。

 答えていただいたのは・・・
株式会社エリッツ
京都市下京区綾小路通烏丸西入ル童侍者町169 四条烏丸松永ビル1F
TEL 075-344-3031 / FAX.075-352-0333
 
京都・滋賀・大阪方面で賃貸物件をお探しならエリッツにお任せ下さい。
地域No.1の店舗数と豊富な物件管理数 でお客様のご要望にお応えいたします。

       

5月の他の授業もチェック

  ■ ベランダの洗濯物が泥棒に盗られました。何か対策は?     

  ■ 震災で賃貸マンションの部屋が地震の損傷を受けました。

 



人気の新着物件情報!

不動産地上げB級漫画
不動産地上げB級漫画
怒須黒仙次郎 連載中!
博士ドットコムシリーズ
不動産 アニメ 漫画の不動産人情物語 怒須黒仙次郎 激!社会版 連載中
© HAKASE.COM Inc All Rights Reserved.