賃貸生活研究所
賃貸 > 賃貸の基礎知識 > 水周りトラブル、工事費を払うのは誰?
賃貸博士で勉強しよう!
このコーナーは賃貸生活全般のテーマに対し不動産屋さんが講師となりいろいろな参考意見を聞かせてくれるところじゃ!地域や慣習、不動産屋さんの立場によっても考えが違うと思うが、様々な意見を聞いて賃貸生活の勉強してみよう!

 


水周りトラブル、工事費を払うのは誰?

私は今賃貸マンションを契約して住んでいます。 最近になってトイレの流れが悪く、少し詰まっているなという感じがします。 徐々に悪化してきているので早めに治してしまいたいのですがこの場合誰が工事費を 支払うのでしょうか。管理会社に請求してもいいものなのでしょうか。

>>直に不動産屋さんに相談したい方
>>いろいろな人に相談したい方



まず、修理工事を自分で行ってはいけません。必ず、管理会社で行ってもらうか、管理会社の了承を得たうえで行う事としてください。
そして修理代金を誰が負担するのかですが、その故障を発生させた原因が借主に有る場合に限り、借主の負担となります。
つまり、自然に発生した場合や、老朽化による故障の場合は貸主が負担するという事です。

ともかく、症状が悪化しないように、出来るだけ早く管理会社へ相談してみてください。

 答えていただいたのは・・・
株式会社エリッツ
京都市下京区綾小路通烏丸西入ル童侍者町169 四条烏丸松永ビル1F
TEL 075-344-3031 / FAX.075-352-0333
 
京都・滋賀・大阪方面で賃貸物件をお探しならエリッツにお任せ下さい。
地域No.1の店舗数と豊富な物件管理数 でお客様のご要望にお応えいたします。


誰が工事費を支払うのかは、トイレの流れが悪くなった原因が借主側にあるのかによります。
仮に、通常の使用による損耗(=自然損耗)で故障した場合には、家主(=管理会社)が工事費を支払うこととなります。
逆に、日常の手入れ不足や誤った使用により故障した場合は、借主側で支払うこととなります。
管理会社に請求してもいいものなのかどうかに関しては、適切な対応をした後の行動であれば問題はありません。
設備に故障が発生した際の借主の適切な対応とは、まず家主や管理会社に連絡をして、どのように対処すべきか指示を得てから行動を起こすということです。
なぜなら、それをせずに借主が自らの判断で修理を依頼してしまうと、貸主である家主や管理会社は、本当のところの故障原因を確認することが出来なくなり、どちらが工事費を支払うかなど、トラブルに発展することがあり得るからです。

 答えていただいたのは・・・

ハウスコム株式会社
東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー5F
TEL 03-6717-6900 / FAX. 03-6717-6901
 
「お客様の声」を大切にして創業から10年を迎えました。
1人1人の声を大切にして新生活の応援をしてまいります。



3月の他の授業もチェック

  ■ 不動産会社によって仲介手数料が異なるのは何故?

  ■ UR賃貸の退去費用について

 



人気の新着物件情報!

不動産地上げB級漫画
不動産地上げB級漫画
怒須黒仙次郎 連載中!
博士ドットコムシリーズ
不動産 アニメ 漫画の不動産人情物語 怒須黒仙次郎 激!社会版 連載中
© HAKASE.COM Inc All Rights Reserved.