賃貸生活研究所
下記の内容で解決できない場合には、こちらでご相談ください。 [教えて!不動産屋さん]

★大家さんはこちら⇒大家さん専用Q&Aサイト『お悩み大家さん』
★ 掘り出し物件満載!お部屋探しは賃貸博士の部屋みっけ!
ペット可を条件に契約したのに・・・
投稿者
ひよ
地域
東京都 世田谷区
【回答数 2 件】 NO.094111101
ペットを飼いたく、ペット可の賃貸を探しておりました。
不動産屋さんの担当者から、
もしネットで気になるものがあれば、
こちらでもt確認とれるので気になる物件が
あったら教えてください。と言われ、
不動産サイトに「ペット可」と書いてあった物件を
確認をとってもらうことに。

空いているということだったので、
内見をし、その日のうちに不動産屋に行き、
身分証の提示をし、仮契約書(?)を記入しました。
(その時、担当者は他の物件の内見の
約束があるので、会社に行けば
分かる人がいるからと、私たちだけで
不動産屋に戻りました)

住民票を用意してください。と言われたので、
親に頼み、住民票も不動産会社になるべく
早く届くように手配してもらいました。

2日後には連絡があり、住民票も受け取り、
審査も通った。との事で、
契約開始日と、引越しの日にちを
電話で決めました。

そして、本契約がまだで、
契約は別の賃貸管理会社で行うので
そこへ来てくださいと言われました。

その4日後、管理会社に契約へ向かい、
契約の説明をされ、1時間近くたったところで
「ペットは不可です」との発言。
気になりつつも、ペット可で探していたので、
とりあえず契約事項を一通り聞き
2時間がたち、「何か気になるところはありますか?」
と聞かれたところで
…「ペット可だと思うのですが。」と言うと、
「仲介の会社の人からそんな事、
一言も言われてません!
うちはペット可は扱っていないのよ!!」
と怒りながら言われてしまいました。

「どうします?」と聞かれましたが、
もう、契約開始日まで具体的に話していて、
住民票まで送っているので
すっかりその家に住む気になっていた私たちは、
住んでいた家の解約も翌週(その日から5日後)で
申請しており、引越屋さんも発注してしまい、
すでに後戻りができない状況になっており。
どうしようと思いながらも、
契約しないとしょうがないよね。と契約しました。

その後、仲介会社に連絡したところ
「私の確認ミスです」の一言。

オーナーに掛け合うと言いつつも、結果はNG。
さらに、お客様が契約されてしまったので、
私には謝ることしかできませんと、
直接謝りにくることもなく、
電話やメールで謝罪を述べるのみ。

散歩をしている犬などを見る度に哀しくなります。

仲介料を取られている事にも腹が立ちます。

何か、責任を問うようなことは出来ないのでしょうか?
 関連キーワード
 ★ この内容に関連した記事
管理会社が遠いから手数料を倍にする!?
賃貸アパート敷地内の駐車場で遊ぶと危ないのに…
賃貸契約に関する見解の相違により問題発生
貸主都合での退去依頼、部屋ごとに期限が違うのはなぜ!?
賃貸マンションでの異臭と退去通知に関して
A.回答
このケースは取引をする業者の
営業担当者の姿勢を問える状況ですね
正直ありえない話ですしあきらかに
損害を蒙っていらっしゃると思います

ただ契約をしたイコール
同意・合意・承認と言う事になってしまうので
どこまで責任を問えるかと聞かれる
となんとも・・・と言う言葉しか出ませんが

一つには公表する水面下で
終わらせたくないと言うのであれば
業者を監督する機関が各県の中に
開発指導課と言う部署があるので
そちらでご相談してみてはどうでしょうか

もう一つは仲介料を返金してもらう
これは当然可能と思われますので
同じく開発指導課を通して
返金の申し入れをしたらどうでしょうか

株式会社ウィンズワン 大宮本店
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-86-1 2階
TEL048-643-7373
どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。私達がオーナー様のお力になります!!
  株式会社ウィンズワン 大宮本店の他の相談回答を見る! 

関連ワード

A.回答
契約の解除と
損害賠償を請求できます。

家主側に落ち度はありませんが、
仲介の不動産屋に責任があります。
宅地建物取引主任者にも責任があります。

契約が完了しているとかの問題ではありません。
まず、仲介業者が『ペット可能』であると
説明した時点で、ユーザーとしては
信じる気持ちになるでしょう。
プロと思って話を聞いているワケですからね。

また、契約締結前に『重要事項の説明』が、
仲介の不動産屋の『宅地建物取引主任者』より
説明されます。

その物件に対して、
『特に重要な部分』について、
宅地建物取引主任者は、
調査しないといけません。
すなわち、営業の人間が、
『ペット可能』と説明していたとしても、
それが間違いないのかを『家主』に
確認する義務があります。

それを怠った結果が、
今回のトラブルを招いていますね。

メールの内容は全て保存しておいてください。
もし最悪、裁判などになる場合に、
言っていないとかいいだすと証拠として、
提出できます。

かかった金額、全額返金を求めるべきですね。
それプラス『損害賠償』です。
また、応じない場合は、
『宅地建物取引業協会』や
『都道府県庁』に上申してください。

納得したから契約したのでは?
と聞かれたとしても、その時の状況を
ちゃんと説明してください。

率直に言いますと、
『謝って済む問題ではない。』
ということです。

責任をまっとうする義務が、
その営業マンを含め、会社自体にあると思います。

その業者の宅地建物取引主任者も、
その程度の仕事しかできなのであれば、
資格を持っている意味などありません。
職務怠慢にもほどがあります。

きっちり責任を取らせましょう。

また、担当が突然辞めたとか言い出す
可能性もありますが、
その時は、『従業員登録名簿』の閲覧を
求めてください。
もしかすると登録してない可能性もあります。
登録していなければ『違法』です。

宅地建物取引主任者の資格もなく、
『重要事項の説明』をしている可能性もあります。
それも『違法』です。

『違法』まみれの可能性が充分に考えられます。

『宅地建物取引業法』という法律がありますので、
よく読んでみてください。
条文で解からなければ、
宅地建物取引主任者試験の教科書などには
解かりやすく説明されているものもあります。

同じ不動産業として許せない行為ですので、
ここに登録してる業者さんはみなさん味方ですよ。

頑張って下さい。

有限会社 アルディホーム長居店
大阪府大阪市住吉区長居東4-2-3 光信第3ビル2階B号
TEL 06-6697-2500
オーナー様のお悩み、是非当社にご相談下さい!
  有限会社 アルディホーム長居店の他の相談回答を見る! 

関連ワード

 


人気の新着物件情報!

不動産地上げB級漫画
不動産地上げB級漫画
怒須黒仙次郎 連載中!
博士ドットコムシリーズ
不動産 アニメ 漫画の不動産人情物語 怒須黒仙次郎 激!社会版 連載中
© HAKASE.COM Inc All Rights Reserved.