賃貸生活研究所
賃貸 > 賃貸の基礎知識 > 経年変化の判断基準
賃貸博士で勉強しよう!
このコーナーは賃貸生活全般のテーマに対し不動産屋さんが講師となりいろいろな参考意見を聞かせてくれるところじゃ!地域や慣習、不動産屋さんの立場によっても考えが違うと思うが、様々な意見を聞いて賃貸生活の勉強してみよう!

 


経年変化の判断基準

15年間住んでいたアパートを退去します。長く住んでいた分、日に焼けてしまった壁や画鋲のあとが目立ち…。 これらは経年変化として判断されるものですか?経年変化と判断されないものはどんなものがありますか?

>>直に不動産屋さんに相談したい方
>>いろいろな人に相談したい方


まずはじめに、日焼けによる壁の変色は経年変化と判断されるでしょう。
画鋲のあとに関しては、軽度のものであれば経年変化となりますが、損傷が激しい場合は故意や過失と判断される場合が有ります。

あと、日常生活により通常の使用で起こる汚損や破損は、経年変化として判断されますが、それ以外の過失によるものや注意すれば防げたようなものは、経年変化とは判断されません。

 答えていただいたのは・・・
株式会社エリッツ
京都市下京区綾小路通烏丸西入ル童侍者町169 四条烏丸松永ビル1F
TEL 075-344-3031 / FAX.075-352-0333
 
京都・滋賀・大阪方面で賃貸物件をお探しならエリッツにお任せ下さい。
地域No.1の店舗数と豊富な物件管理数 でお客様のご要望にお応えいたします。


       

2月の他の授業もチェック

  ■ 入居の申し込みはキャンセルはできる?

  ■ 賃貸物件の共有スペースとは?

 



人気の新着物件情報!

不動産地上げB級漫画
不動産地上げB級漫画
怒須黒仙次郎 連載中!
博士ドットコムシリーズ
不動産 アニメ 漫画の不動産人情物語 怒須黒仙次郎 激!社会版 連載中
© HAKASE.COM Inc All Rights Reserved.