賃貸生活研究所
賃貸 > 賃貸の基礎知識 > 賃貸物件の退去方法
賃貸博士で勉強しよう!
このコーナーは賃貸生活全般のテーマに対し不動産屋さんが講師となりいろいろな参考意見を聞かせてくれるところじゃ!地域や慣習、不動産屋さんの立場によっても考えが違うと思うが、様々な意見を聞いて賃貸生活の勉強してみよう!

 


賃貸物件の退去方法

勤務地が変わったため、引越しを考えています。 退去の手続きをしたことがないので、どういった流れになるのかわかりません。 何か気を付けるところがあればお願いします。

>>直に不動産屋さんに相談したい方
>>いろいろな人に相談したい方


退去する際に最も気を付けないといけない事は、その物件の解約通知を何時提出するかです。

契約の解約予告期間を正確に把握し、退去を希望する日からさかのぼって、その予告期間以前に解約の届けを貸主へ提出しなければなりません。解約の予告期間は入居当時に交わした建物賃貸借契約書に記載されていますので、確認してください。
また、解約予告期間以後に貸主へ届けを出した場合は、退去後の家賃も負担しなければならない事となり、無駄な出費を生むことになります。

因みに、一般的な契約(住居に限る)による解約の予告期間は、1ヶ月〜3ヶ月です。

 答えていただいたのは・・・
株式会社エリッツ
京都市下京区綾小路通烏丸西入ル童侍者町169 四条烏丸松永ビル1F
TEL 075-344-3031 / FAX.075-352-0333
 
京都・滋賀・大阪方面で賃貸物件をお探しならエリッツにお任せ下さい。
地域No.1の店舗数と豊富な物件管理数 でお客様のご要望にお応えいたします。

       

10月の他の授業もチェック

  ■ 賃貸物件を下見するときのポイントは?

  ■ アパートとマンションの違いは?

 



人気の新着物件情報!

不動産地上げB級漫画
不動産地上げB級漫画
怒須黒仙次郎 連載中!
博士ドットコムシリーズ
不動産 アニメ 漫画の不動産人情物語 怒須黒仙次郎 激!社会版 連載中
© HAKASE.COM Inc All Rights Reserved.